日常使いしている青磁のうつわを使ってハロウィンテーブルコーディネートをご紹介。
ハロウィンということ前回も書きましたが、オレンジ・ブラック・パープルが定番カラー。特にここ数年は、オレンジのハロウィングッズが100円均一でもたくさん売られています。でも今年は、いつもと違ったカラーにトライしてみませんか。
前回は、大人ピンクのハロウィンテーブルコーディネートをご紹介しましたが、今回は、青磁のハロウィン!
(前回の大人ピンクのハロウィンテーブルコーディネート記事は、こちら

伊万里焼(鍋島焼)大秀窯の青磁のうつわ

佐賀県伊万里市の伝統が息づく焼き物町に窯とギャラリーを構える、大秀窯(おおしゅうがま)。 大串匡秀さんが作られた磁器の作品。大串匡秀さんの作品は、青磁のきれいなブルーが特徴的で、とても可愛いらしい配色で作り上げている磁器です。

青磁八角シリーズ

今回使用したのは、青磁八角4寸深皿(サイズ:直径12cm × 高さ2.6cm )と青磁八角5寸深皿(サイズ:直径15cm × 高さ3cm)。
とてもシンプルで和食のみならず、洋食・スイーツ・果物などいろいろなお食事をのせて楽しめます。
青磁八角6寸深皿(サイズ:直径18cm × 高さ3.5cm)もあります。(Likoオンラインショップで購入できます。)

ハロウィンテーブルコーディネート(青磁) 

大秀窯青磁八角シリーズを使ったハロウィンテーブルコーディネート

ブラックとホワイト、無彩色を合わせたコーディネートです。ブラックで色が引き締まりますので、淡い青磁の色も映えます。ホワイトのジャックオーランタンは、どんな色にも合わせることが出来ます。また、ジャックオーランタンがあるだけで、ハロウィンテーブルコーディネートを表現することが出来ます。カボチャもブラックとホワイト。最近は、オレンジだけではなく、いろいろな色のカボチャのフィギュアを見かけますので、気分を変えて違うカラーを買うのもオススメです。人とは、違ったオリジナリティーのある素敵なテーブルコーディネート・ディスプレイを楽しめます。

今回もcotoroのブラックをセンターピースとして使用しました。

ハロウィンまであと10日ほど、まだ間に合いますので、今年は、おうちハロウィンを楽しんでみえはいかがでしょう。

食空間プロデューサー・ナチュラルフードコーディネーター Liko

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です