テーブルコーディネートをする上で、センターピースはとても重要です。普段のおうちごはんもセンターピースを置くことで、特別感を表現できます。
よく使うセンターピースは、フラワー。でも、お花を素敵に生けるの難しい…。どうやって置いたらいいの? 買いに行くの面倒。などちょっと慣れていないと難しいアイテムですよね。そこで活躍するのが、cotoroのようなシンプルなスタンドです。cotoroを使ってハロウィンコーディネートをご紹介していきます。

センターピースとは

テーブルコーディネートをする上でのセンターピースとは、テーブルの中央に配置し、コーディネートのテーマやシーンに合わせた物、例えば、フラワーやフィギュアを飾り付けします。アイキャッチとしてテーブルコーディネートの主役になります。少し高さがあることで、立体的な食空間を表現できますが、あまり高さがありすぎると、向かいに座った方の顔を隠してしまい、会話の妨げになってしまいます。向かいに座った方の顔を隠さない程度に置くことをオススメします。季節のフラワーやフィギュアを置くと食卓でのトーキンググッズにもなるので、会話も弾みます。

cotoro(コ と ロ)とは

木製センターピース棚 ブラック
表面は細かい粒状のクリア塗装にラメがはいっています。

木製のコの字型とロの字型のテーブルセンターアイテムです。
コの字とロの字にした理由は、様々な組み合わせができるように考えられたものです。また、収納性に優れ、スペースを取らずに収納ができます。
ラメの入った塗装により、光の加減で光沢感がでます。
お手入れ方法は、汚れを濡れ布巾で拭き取ってください。軽く水洗い可能ですが、しっかり水気を拭き取って下さい。

材質・技法など 脚:木製・ウレタン塗り アクリル板(メタクリル樹脂) 
サイズ:コ型420(幅)×89(奥行)×55(高さ) ロ型440(幅)×90(奥行)×80(高さ)

Likoオンラインショップ cotoroブラックでご購入頂けます。

 

cotoroブラックを使ったハロウィンテーブルコーディネート

cotoroの様々な置き方を楽しんでみましょう。

シンプルに一つを横に置いた場合

cotoroブラック ハロウィンテーブルコーディネート

cotoro一つを真ん中に横に置いた場合。一番簡単な置き方。中央に少し高さのあるスタンドを置くことで、そのスタンドの上にお料理やフィギュアを置くだけで立派なセンターピースになります。フィギュアやお料理の置き方でも表現を変えていくことが出来ます。
cotoroがシンプルなブラックなので、上に置くものもあまり考えずに置けるのも便利です。

一つを少しづらして置いてみた場合

cotoroブラック ハロウィンテーブルコーディネート

少しずらして置いてみると、高さの違う二つのスタンドが、立体的なセンターピースになります。同じお料理をのせても動きが出て、表現力が高まりますね。スタンドが二つになるだけで、簡単におしゃれなセンターピースが作りやすくなります。これがcotoroの便利な理由の一つです。

 

一つをテーブルの端に縦に置いてみた場合

cotoroブラック ハロウィンテーブルコーディネート

一つをテーブルの端に置いただけで、今度は、目線が、テーブルの端までいくので、テーブルを大きく使ったテーブルコーディネートになります。部屋から入って奥側の端に置くことで、お部屋の奥にアイキャッチを持っていけるので、奥行きが感じられます。

まとめ

一つのアイテムで様々なテーブルコーディネートを簡単に作れるのは、とても便利!しかもcotoroは、職人さんが一つ一つ丁寧に塗装していて、丈夫に出来ています。一つあると一年中季節を問わずお使いいただける優れものです。
ブラックの他に、ホワイトも人気です。
cotoroホワイトは、こちら

食空間プロデューサー・ナチュラルフードコーディネーター Liko

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です