今、和菓子屋さんの店頭ディスプレイを制作しています。

また、納品していないのですが、現状の作品を載せます。

こちらの作品。越前和紙を使っています。
ファブリックを使わず、あえて和紙を使用することで、安価で、入れ替えがしやすく、でも、和紙ということで高級感も出せる素敵なデザインとなっています。

まだ、和菓子屋さんのディスプレイするお菓子が決まっていないので、イメージとなりますが、上品に展示できると思います。

今回のコンセプトは、
・通年をとして使用できるディスプレイに季節の小物でアレンジ可能
⇒コストダウン・簡単なディスプレイ変更
・SNSアップによる観光客の取り込み
・老舗和菓子屋の雰囲気を残しつつ、和モダンの要素をプラスしたディスプレイ

今回は、越前和紙とともに、越前和紙のお懐紙も使用しています。

シンプルなお懐紙に上品な模様が入っています。
チープにならず素敵でしっかりしています。

こちらのお懐紙は、販売もしておりますので、お気軽にお問合せください。

実際に和菓子屋さんにディスプレイされた際には、またご報告致します。

Liko
食空間プランナー・ナチュラルフードコーディネーター noriko harada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です